私のおとうさんは大阪に独り暮し転勤

私の父は、大阪に一人暮し転勤中に、「末期の大腸がん」と診察され、余命6か月と言われてきました。今は、「余命半年だ」なんて、自分に言っちゃうんですね!半ば泣き声で、女房のところに電話をかけてきたようなんですが、聞いた女房も、まさかの伝言にビックリ仰天したそうです。「痔」もちです父は、便所で血混じりの便を見つけ、軽い気持ちで診査を受けたわけですが、結果は、最悪の物質でした。なので、女房に電話をしてきた意味です。特に、わが家に帰って来てもらい、階段を整理して、病舎へ行きました。けど、わたくしは、そこもビックリしました。

総て病舎で、今までの階段を話したら、「もう診査を通してみましょう」に関してになったのですが、診査が、1か月後だと聞いて感動!「余命6か月って言われてるのに、どんな気持ちで待てというんだよ!!」こんなせりふを飲み下しつつ帰ってきました。そんな時、近隣の方が、癌研の師範を紹介してしていただき、執刀までしてもらえました。限定病舎は、診査の器械も内容がいいので、品評も細かくしてくれました。

昨今、余命6か月という父は、おかげさまでエネルギーだ(笑)http://xn--15q30cg4iw3o3shlm7a8ytlyf.xyz/

暮れ

今年は年末に来て営業の段取りがかしこくつかなかったり、ボディを崩してしまったりといった長時間でした。

やっと目下営業納めができただけでも、良しとください。

思えば、今年の都会のはじめは良いスタートが切れました。

営業もなめらかで、益々の成就の見込みがもてていました。

但し、夏季以降に利益に陰りが出始め、秋から年末にわたって往年最低の利益を記録してしまいました。

こんななか、ぜんぜん相次ぎ必死に動き回ったせいか、年末に疲れが山場に。

クリスマスのちょっと前に下降だ。

そよ風をこじらし、肺炎になりかけていたようです。

取り敢えず4日間のマイホーム静養で、引き返したという思ったらとっくに営業納めの昨日。

忙しいこの時期にみんなに迷惑をかけてしまいました。

但し、あんな結果になったのも、健康には自信があるという過信から。

「まだセキュリティ」って無理してしまうのはどんなときにも危険ですね。

一概に冷静に判断して、的確な用事の取り去れるみたい余裕をもって生きていきたいものですが、そんなふうに簡単なものではありません。

ダメすれば後ほどきっちりしっぺ返しが来る手法。 少なくともそんな時に「冷静に、冷静に」と気分で唱えられるみたい心がけていきたいものですね。http://神戸全身脱毛料金.xyz/